PR TALK by talentbook

PR実践企業の声や事例から、
アクションの”きっかけ”を生むメディア

talentbook

PR TALKのシェアはこちらから

  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • LINE

talentbookへのお問合せはこちら

お問い合わせ

PR TALKの更新情報はTwitterでお知らせいたします
フォローはこちら

  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • LINE
  • COPY

#8 企業発信コンテンツは「編集」とどう向き合うべきか─ ゲスト:フリーランス編集者/ライター・長谷川賢人さん

INDEX

長谷川賢人さんと、もっとPRの話をしよう。

聴く「PR TALK」はPR TableのPR/Evangelist クボケイタと、取締役/Founderの大堀航がテーブルを囲み、様々な業界で活躍するゲストをお招きして「もっとPRの話をしよう」という趣旨の番組です。

今回は、いつもと少し角度を変えてPRの話をしよう、ということでフリーランス編集者/ライターとしてご活躍されている長谷川賢人さんにお越しいただきました!

メディアジーン、クラシコムを経てフリーランスに転身されてから、PR Tableとしてもお客様のストーリーライターとしてのご依頼や、カンファレンスのモデレーターとしてご出演いただくなど長くお付き合いをしてきました。

そんな長谷川さんが、今考える「編集者」としての役割や価値、企業発信コンテンツづくりにおける「編集」との向き合い方、そしてこれからのオウンドメディアのあるべき姿とは?

編集者・ライターに限らず、企業内で働く広報・PR担当、またメディア業界の方にも学びの深い、示唆に富んだお話しがたっぷり聞けましたので、コンテンツに関わるすべての方は必聴です。

ぜひお散歩しながら、家事をしながら、お風呂に浸かりながら、ごゆっくりとお楽しみくださいませ♪

▼放送を聴くにはこちらをクリック(番組の「フォロー」もお願いします!)

▼他の方法で聴く
Apple Podcasts
Amazon Music
Google Podcasts

今週の放送ハイライト

  1. 長谷川さんってどんなひと?(01:05~)
    ・ウェブコンテンツに必要なこと大体できます
    ・メディアジーン、クラシコムを経てフリーランスへ
    ・レアジョブ英会話の体験記事で体を張った過去
    ・最近やっているお仕事について
  2. 作ったコンテンツをどう「届ける」か(14:25〜)
    ・「届ける」ニーズは2局化している
    ・指名検索が当たり前の時代
    ・PVとは別の指標を持つことも大事
  3. 「個」の時代における編集者の役割(21:30〜)
    ・編集者に求められるのはフェノロサ的役割
    ・AIといっしょに共作する世界は訪れる?
    ・情報と情報をどう編んでいくのか
  4. オウンドメディアのこれから(30:23〜)
    ・メディアとは文脈の形成である
    ・R&Dとしてのコンテンツづくり
    ・社員が読まないなら他人は読まないよね
    ・ニュースにはならなくてもちょっといい話はある
  5. エンディングトーク(42:32〜)
    ・長谷川さんは、コンテンツおばけ
    ・文脈を知っていると良い関係性が生まれる
    ・編集・ライティングの相談はぜひDMを!

ゲストプロフィール

長谷川賢人さん
フリーランス編集者・ライター

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。26歳で異業種転職してメディア業界へ。ライフハッカー[日本版](メディアジーン)北欧、暮らしの道具店(クラシコム)で編集者・ライターとして活動後、2016年9月よりフリーランスへ転向。
Twitter / note

関連情報

■編集者/ライター・長谷川賢人の代表的な仕事まとめ(2021,1〜2021,12)(note)
https://note.com/hasex/n/n886e3ec24c03

■長谷川さんに取材・執筆してもらった宝塚歌劇団のカルチャーについての記事(PR TALK)
https://product.talent-book.jp/pr-talk/pr/takarazuka/

■ライフハッカー時代に体を張って書いた「レアジョブ英会話」の体験記事(ライフハッカー)
https://www.lifehacker.jp/article/140130rarejob_presentation/

■日本の文化財を守ったフェノロサの功績について
https://www.pref.nara.jp/miryoku/ikasu-nara/meiji150/fenollosa/

■長谷川さんのオススメでクボが即買いしたAKGの配信用マイク
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09KRQ2P44/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

パーソナリティーのご紹介

大堀 航

株式会社PR Table 取締役 / Founder

大手総合PR会社のオズマピーアールを経て、国内最大のオンライン英会話サービスを運営するレアジョブに入社。PRチームを立ち上げ、2014年6月に東証マザーズ上場に貢献。2014年12月、PR Tableを創業。

ストーリー:PRにこだわる理由は、働く人が笑顔になるきっかけをつくりたいから

久保 圭太

株式会社PR Table / PR室マネージャー /Evangelist

北海道札幌出身。二児の父。 PRSJ認定PRプランナー。 ITベンチャー企業にて広告企画営業、人事戦略、PRの責任者を経て、2018年よりPR Tableに参画。 カンファレンス企画や自社オウンドメディア運営を統括し、Public Relationsの探究活動を行う。その後、PRコンサルタントとして顧客向けのオウンドコンテンツ企画・活用支援に従事。2020年よりCS組織の立ち上げを経て現職。

ストーリー:はじめて感情がグルグルした仕事がPRだった。だから僕はこの会社の一員になった