PR TALK by talentbook

PR実践企業の声や事例から、
アクションの”きっかけ”を生むメディア

talentbook

PR TALKのシェアはこちらから

  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • LINE

talentbookへのお問合せはこちら

お問い合わせ

PR TALKの更新情報はTwitterでお知らせいたします
フォローはこちら

  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • LINE
  • COPY

REGAIN株式会社

ビジョン・ミッションの浸透、社内外への発信の強化と体制づくりを後押し

2022年1月11日

REGAIN株式会社にて 、「働く人」から企業の魅力を伝える広報・PR支援サービス「talentbook」が導入されたことをお知らせいたします。
今回の導入によりtalentbookは、REGAIN株式会社の社員を主役にしたストーリー発信を通して、ビジョン・ミッションの浸透、社内外への発信の強化と体制づくりの後押しします。

INDEX

▼RAGAINのストーリー

■導入の背景(解決したい課題/施策の目的)

REGAIN株式会社では、営業支援チャットシステム「ShowTalk」の開発・販売・運用代行を行っています。全社で500人程度の従業員がおりますが、本社には20人程しかおらず、ほとんどが地方拠点に在籍しております。

更なる成長と組織強化のため、2021年7月に人事戦略部や経営管理本部を立ち上げ、それと同時にMV(ミッション・ビジョン)・GTO(行動指針:Give・Thanks・Oneforall)を策定し、社内外への発信を強化していきたいタイミングで下記が課題となっていました。

1)MV・GTOを社内にアナウンスしたが、認知(知る)・理解(分かる)が十分ではなく、MV・GTOを策定した背景の可視化や、体現している社員を通して浸透させたい
2)地方拠点の採用が活発な中、エントリー者への十分な企業カルチャー情報の訴求ができていなかった
3)広報機能を強化していきたいもののリソースが不足している

上記課題を解決するためのコンテンツ作成、また、社内外へ発信体制の強化施策として、talentbookの導入を検討開始しました。

■talentbookの導入を決定した理由・決め手

上記の課題解決を目指し、以下の理由から「talentbook」を選定しました。

・広報活動のプランニングから情報発信までが仕組化されており、工数削減に繋がると感じた点
・将来的には各拠点ごとでの発信体制をつくりたいと考えており、CMSによりそれが実現できると感じた点
・社内に対するMVV浸透や、社外に対する採用広報として当社の価値観やミッション・ビジョンを発信していくことができる点

■talentbookへの期待・コメント

REGAIN株式会社 人事戦略部 部長 加藤 仁規 氏

talentbookに期待することは、REGAINで働く一人ひとりのタレントにフォーカスしたストーリーを社内外に発信することです。
REGAINで働く人の魅力や価値観をこれまでの生い立ちやバックボーンを通して紐解くことで、既に一緒に働いている仲間や、将来一緒に働く仲間にとって、ミッション・ビジョン実現のための原動力や、仕事へのプライド、入社動機につなげられたらと考えています。

また、多様な人選をすることで、REGAINで実現できるキャリアの可能性をストーリーと共に伝え、個々が描くキャリアプランの気づきになることを期待しています。

又、このインタビューを通じて、自分の入社前の想いや過去のエピソードを振り返り、認識を新たにする良い機会だと思います。

──────────

■REGAIN株式会社 (https://www.regain.co.jp/
オペレーション、分析、開発を軸にAIを活用して顧客満足度の最大化を目指し、顧客獲得を支援するセールスオペレーションDXカンパニーです。現在クライアントに提供している主なサービスはチャットBOTシステム「ShowTalk」のSaas販売とチャット運用業務の受託です。

■「talentbook」とは(https://product.talent-book.jp/
talentbook(タレントブック)は、コンテンツの「つくる・届ける・分析する」課題を解決し、「働く人」から企業の魅力を伝える広報・PR支援サービスです。情報発信の生産性を高め、効率的・効果的にワンストップ・オールインワンで支援します。

会社概要
リリースに関するお問い合わせ