アーカイブ配信中

【アーカイブ配信】エンジニア会員数No.1のpaizaと語る 候補者から選ばれる企業のダイレクトリクルーティングとは?

<2023年1月17日に開催したイベントのアーカイブ配信となります>

お申込をいただければ、お好きな時にご覧いただけます。

 

・エンジニアの志向性から逆算してどのように訴求すればよいのか、を具体的に説明いただけたのが非常に勉強になりました。
・DR(ダイレクトリクルーティング)においても構築した採用ブランディグの内容を盛り込むのが良いというのが学びになりました。DRは今後主力になっていくと考えているので有力なお話を頂けて参加してよかったです。
・1to1のダイレクトリクルーティングを始めようとしているところでしたので参考になりました。まずは「志向性を逆算」といったアプローチの考え方を実践してみようと思います。


◆概要

2030年には79万人の人材不足が懸念されているだけあって、定量値からも圧倒的に人手不足なのが読み取れます。また、各企業でのDX推進が追い風となり、IT企業だけでなく非IT企業でもエンジニアの採用ニーズが高まっており、IT人材の確保はさらに難しくなっています。

パーソルキャリアが発表した2022年8月度の職種別有効求人倍率によると、「エンジニア(IT・通信)」は他職種を圧倒する有効求人倍率で、9.75.倍です(全体2.09倍)。

多くの企業は求人広告やナビサイトだけでなく、ダイレクトリクルーティングを活用して積極的に採用を行なっていますが、メッセージに反応される企業は限られています。

そこで、候補者の認知獲得につながる「採用ブランディング」から内定承諾につながる「求人票の作り方」まで、国内最大のITエンジニア向け転職・就職・学習サービス「paiza」を開発・運営しているpaiza株式会社と、採用ブランディングを支援する広報・PR支援サービス「talentbook」を運営する株式会社PR Tableがセミナーを共同開催。

採用人材のペルソナ設計から、候補者へ向けた効果的なメッセージングや、採用ブランディングにどう取り組んでいけば良いのか、についてお話いたします。

登壇者

伊藤 謙

伊藤 謙 paiza株式会社 営業本部 ダイレクトリクルーティング推進部 カスタマーサクセス第1グループ グループ長

プロダンサーを引退後、カシオ計算機子会社において販売、営業担当を務めた後、株式会社ウィルグループにて中途入社、通信・アパレル業界を中心に販売・営業、その他コールセンター業界や、自治体向け外国語指導助手など業界特化型の 人材サービス営業、管理職に14年間、従事。社員教育や基幹システムの入れ替えプロジェクトなど間接部門にも携わった後、2022年にpaiza株式会社に入社。paiza転職のカスタマーサクセスグループの長として、顧客の課題解決、グループのマネジメントに従事。

楠 拓也

楠 拓也 株式会社PR Table アカウントエグゼクティブ

早稲田大学文化構想学部を卒業後、2015年にエン・ジャパン株式会社に新卒入社。IT領域の人材紹介営業として事業の立ち上げに参画し、マネジメントを経験後、人事部ヘ異動。自社の中途採用や新卒採用でのチームリーダーに従事した後、2020年にPR Tableに入社。talentbookのフィールドセールスとして、顧客への新規提案を経験。2021年10月より現職に異動し、既存顧客への提案・コンサルティング営業に従事。

イベント概要

イベント名 【アーカイブ配信】エンジニア会員数No.1のpaizaと語る 候補者から選ばれる企業のダイレクトリクルーティングとは?
開催日時 アーカイブ配信となります。
参加方法 フォームにてご連絡いただいた後に、メールにて視聴方法をご案内いたします。
PCでのご視聴を推奨いたします。
定員 なし
費用 無料
主催 株式会社PR Table
paiza株式会社

お申し込み



さぁ、もっと手軽に!
広報・PR活動を始めよう